グリーンエコ事業
トップ
関連ページ
グリーンサポート
グリーンエコ事業
リフォームについて
サービスメニュー
施工事例
省エネエコ支援
ビルマンション収益UP
店舗デザイン
ネットからのお問い合わせ

グリーンエコ事業 

ディーマンでは地球温暖化等の環境問題に対して様々な取り組みを行っております。

グリーンサポート
カーボンオフセット
グリーン購入

地球温暖化とは創り 

現代社会が抱える問題のひとつにCO2などの温室効果ガスを原因とする「地球温暖化」があります。

地球温暖化は雪氷の融解・海面の上昇・生態系破壊・極端な気象現象等の変化をもたらし
私たちの暮らしにも災害や食糧危機など重大な影響を及ぼします。

地球温暖化を防ぐには世界中の人たちの協力が必要です。誰かがやれば済むという問題で
はなく、一人ひとりの「思いやり」が防ぐ力になります。未来の地球で暮らす人たちにで
きること。将来ではなく、今すぐにできることを始めてみませんか。

ディーマンでは、その取り組みとして『カーボンオフセット』『グリーン購入』を積極
的に行っておりCO2ゼロリフォームを目指しております。

カーボンオフセットとは 

私たちが日常活動をする上で使用するエネルギーの多くは化石燃料から取り出しています。
石油燃料を燃やすと二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスが発生してしまいます。

エネルギーをたくさん使えば、それだけの温室効果ガスを排出することになります。した
がってエネルギーの消費量を削減する事が大事になりますが、省エネなどの努力をしても
温室効果ガスを削減することには限界があります。

カーボンオフセットの仕組み

『カーボン(Carbon dioxide:二酸化炭素)オフセット(offset:打ち消す)』というのは、省エネなどの努力
をしても、なお排出してしまう温暖化ガスを別の所で行う「温室効果ガス削減事業」の効果を得ることで排出
される温室効果ガスを埋め合わせるという考えです。

ディーマンはカーボンオフセットの仕組みを提供する組織(日本カーボンオフセット[COJ])に加盟し、
オフィスリフォームにおけるカーボンオフセットをご提供しています(CO2ゼロリフォーム)。

CO2ゼロリフォームとは 

オフィスリフォームにおいても、
エネルギー(電気、ガス等)、資源(資材)の消費や廃棄物処分により
CO2が発生しますが、排出権を活用することで、
これを「オフセット」することができます。

ディーマンはオフィスリフォームにおける
カーボンオフセットの仕組みをご提供します。

具体的にはリフォーム工事で発生するCO2量を見積もり、
それに見合った量のCO2排出権を活用し、埋め合わせします。
これによりリフォーム工事現場で排出してしまったCO2を
ゼロに近づけることが可能となります。

グリーン購入とは 

品質や価格、利便性ばかりでなく、環境負荷の小さい製品やサービスを
必要な分だけ、環境負荷低減に努める事業者から
購入するというのが「グリーン購入」です。

これにより購買側は環境負荷を少しでも減らすことができます。
また、供給側の環境配慮型製品の開発を促進させることで
経済活動全体における環境への意識を向上させていく側面も併せ持っています。

・グリーン購入は法律に裏づけされた取り組みです
2001年4月施行のグリーン購入法では、グリーン購入に取り組むことが国の機関には義務、
地方自治体には努力義務、事業者や国民にも一般的責務があると定められています。
環境省によるグリーン購入法ページ