▲ 
COLUMN

 コラム

2024.07.06

「外壁シーリング工事」の必要性、種類、費用、業者選びのポイント

建物の外壁は、風雨や紫外線などの厳しい環境に晒されています。

外壁を長持ちさせるためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。

その中でも、特に重要なのが「外壁シーリング工事」です。

外壁シーリング工事とは?

外壁シーリング工事とは、外壁材の目地やサッシの隙間をシーリング材と呼ばれる充填剤で埋める工事です。

シーリング材は、雨水の侵入を防ぎます。

外壁の劣化を抑制する役割を果たします。

外壁シーリング工事の必要性

外壁シーリング工事は、以下の理由から必要不可欠です。

雨水の侵入を防ぐ:

外壁材の目地やサッシの隙間から雨水が侵入すると、外壁内部にカビや藻が発生しやすくなります。

腐食や劣化の原因となります。

シーリング材で隙間を埋めることで、雨水の侵入を防ぎましょう。

外壁の劣化を抑制することができます。

断熱性能を維持する

外壁材と外壁材の間には、断熱材が入っている場合が多いです。

シーリング材で隙間を埋めることで、断熱材の性能を維持しましょう。

室内の温度を快適に保つことができます。

美観を維持する

シーリング材が劣化すると、ひび割れや剥がれが発生します。

外壁の見た目が悪くなります。

定期的にシーリング工事を行うことで、外壁の美観を維持することができます。

外壁シーリング工事の種類

外壁シーリング工事には、主に以下の3種類があります。

打ち替え

既存のシーリング材を撤去し、新しいシーリング材を充填する工事です。

最も一般的な工法です。

確実な防水性を確保することができます。

打ち増し

既存のシーリング材の上から、新しいシーリング材を充填する工事です。

費用を抑えることができます。

しかし、打ち替えに比べて耐久性が劣ります。

コーキング

シーリングガンと呼ばれる道具を使って、シーリング材を充填する工事です。

小規模な補修

サッシ周りのシーリング

に適しています。

【大阪で外壁塗装を検討中の方必見!】外壁コーキングとは?役割や種類、打ち替え時期まで徹底解説

外壁シーリング工事の費用

外壁シーリング工事の費用は、工事の規模や使用するシーリング材の種類によって異なります。

一般的には、坪あたり5,000円~10,000円程度といわれています。

外壁シーリング業者の選び方

外壁シーリング業者を選ぶ際は、以下のポイントに注意しましょう。

実績

豊富な実績を持つ業者を選びましょう。

技術力

高い技術力を持つ業者を選びましょう。

保証

保証制度が充実している業者を選びましょう。

見積もり

複数の業者から見積もりを取りましょう。

外壁シーリング工事は、外壁を長持ちさせるために欠かせません。

信頼できる業者選び、適切な時期での施工が重要です。

お問合せ・お見積りはこちらから