▲ 
COLUMN

 コラム

2024.07.04

チョーキング現象とは?外壁塗装の劣化サインを徹底解説!

外壁塗装は、建物の美観を守るだけでなく、雨風や紫外線から建物を保護する重要な役割を果たします。

経年劣化によって塗装が劣化すると、ひび割れや剥がれだけでなく、「チョーキング現象」と呼ばれる症状が発生することがあります。

今回の記事では、大阪のロープアクセス業者である当社が、チョーキング現象についてわかりやすく解説します。

チョーキングの原因

症状

対策方法

まで、外壁塗装に関する疑問を解決します。

ぜひ最後までご覧ください。

チョーキング現象とは?

チョーキング現象とは、外壁塗装の表面が劣化し、チョークのような粉状のものが付着する現象です。

一般的には、塗装が白亜化する「白亜化現象」とも呼ばれます。

チョーキング現象は、主に以下の原因によって発生します。

紫外線による劣化

紫外線は、塗装の樹脂や顔料を分解し、劣化させます。

雨水による劣化

雨水は、塗装の表面を浸透します。

樹脂や顔料を洗い流します。

経年劣化

時間経過とともに、塗装の樹脂や顔料は自然に劣化します。

 

チョーキング現象の症状

チョーキング現象の主な症状は以下の通りです。

  • 外壁を触ると白い粉が付着する
  • 外壁の色がくすんだり、変色したりする
  • 外壁にひび割れや剥がれが発生する

これらの症状が現れたら、外壁塗装が劣化している可能性があります。

放置すると、防水性が低下します。

雨漏りなどの原因となるため、早めの対策が必要です。

チョーキング現象の対策方法

チョーキング現象の対策方法は、以下の通りです。

外壁塗装の塗り替え

劣化がひどい場合は、外壁塗装を塗り替える必要があります。

高圧洗浄

劣化が軽度な場合は、高圧洗浄でチョークのような粉を洗い流すことができます。

トップコートの塗り替え

トップコートのみを塗り替えることで、チョークのような粉の付着を抑制することができます。

どの対策方法が最適かは、外壁の劣化状況によって異なります。

専門業者に診断してもらうことをおすすめします。

大阪でチョーキング現象でお困りの方へ

大阪でチョーキング現象でお困りの方は、ぜひ弊社にご相談ください。

弊社は、ロープアクセス技術を用いた高所作業を得意とする外壁塗装業者です。

足場を組む必要がないため、費用を抑え、短期間で施工することができます。

また、経験豊富なスタッフが、外壁の劣化状況を診断し、最適な対策方法をご提案いたします。

外壁塗装に関するお見積もりは無料です。

お気軽にお問い合わせください。

その他、チョーキング現象に関する情報

このコンテンツが、大阪でチョーキング現象にお困りの方の参考になれば幸いです。

お問合せ・お見積りはこちらから