▲ 
COLUMN

 コラム

2024.06.13

外壁カバー工法で耐震性は向上する? 知っておくべき真実と最新情報

マイホームを守るために欠かせない外壁リフォーム。

近年、手軽に施工できる「外壁カバー工法」が注目を集めています。

しかし、一方で「耐震性が悪くなるのでは?」という不安の声も少なくありません。

そこで今回の記事は、外壁カバー工法と耐震性の関係について、知っておくべき真実と最新情報をわかりやすく解説します。

外壁カバー工法と耐震性の関係

外壁カバー工法は、既存の外壁の上に新しい外壁材を張る工法です。

この工法によって、外壁の見た目を改善したり、機能性を向上させたりすることができます。

しかし、外壁カバー工法によって、建物の重量が増加することがあります。

建物の重量が増加すると、地震の揺れによって建物が受ける力が大きくなります。

よって、耐震性が低下する可能性があります。

外壁カバー工法によって耐震性がどの程度低下するかは、以下の要素によって異なります。

  • 外壁材の種類
  • 外壁材の厚さ
  • 施工方法
  • 建物の構造

一般的に、金属サイディングなどの重い外壁材を使用したり、厚い外壁材を使用したりすると、耐震性が大きく低下する可能性があります。

 

耐震性を向上させるためのポイント

外壁カバー工法によって耐震性を低下させないためには、以下のポイントに注意する必要があります。

  • 軽量な外壁材を選ぶ
  • 厚さがあまりない外壁材を選ぶ
  • 耐震補強を行う
  • 専門業者に相談する

軽量な外壁材を選ぶ

軽量な外壁材には、窯業系サイディングや木質系サイディングなどがあります。

厚さがあまりない外壁材を選ぶ

厚さがあまりない外壁材には、薄型サイディングなどがあります。

耐震補強を行う

耐震補強とは、建物の耐震性を向上させるための工事です。

耐震補強には、様々な方法があります。

外壁カバー工法を検討している場合は、必ず専門業者に相談しましょう。

耐震性について確認するようにしましょう。

 

後悔しないリフォームのコツ

外壁カバー工法で後悔しないためには、以下のコツを参考にしてください。

  • 複数の業者から見積もりを取る
  • 契約内容をしっかりと確認する
  • 近隣への挨拶を忘れずに
  • 定期的にメンテナンスを行う

複数の業者から見積りを取る

外壁カバー工法は、高額な工事です。

最低でも3社以上の業者から見積もりを取ることで、相場を知ることができます。

また、各業者の強みや弱みを知ることができます。

そのため、自分に合った業者を選ぶことができます。

見積もりを取る際には、以下の点に注意しましょう。

  • 工事内容が明確に記載されていること
  • 費用内訳が明確に記載されていること
  • 保証内容が明確に記載されていること
  • 不明な点があれば、遠慮なく質問すること

複数の業者から見積もりを取ることで、適正な価格で工事を依頼することができます。

契約内容をしっかりと確認する

契約書には、工期、費用、保証内容などが記載されています。

契約書をしっかりと確認し、納得してから署名・捺印しましょう。

契約書には、以下の内容が記載されていることを確認しましょう。

  • 工期
  • 費用(内訳)
  • 保証内容
  • キャンセル規定
  • 支払方法
  • アフターサービス

契約書に不明な点があれば、遠慮なく業者に質問しましょう。

近隣への挨拶を忘れずに

施工前に、近隣への挨拶を忘れずにしましょう。

挨拶をすることで、近隣住民の理解を得ることができます。

また、施工中の騒音や振動などについて、事前に説明しておくと良いでしょう。

近隣への挨拶を怠ると、トラブルの原因になる可能性があります。

定期的にメンテナンスを行う

外壁カバー工法は、定期的にメンテナンスを行うことで、効果を維持することができます。

施工業者にメンテナンスについて相談しましょう。

定期的なメンテナンスを行うことで、以下の効果が期待できます。

  • 外壁の劣化を防ぐ
  • 建物の寿命を延ばす
  • 美観を維持する

定期的なメンテナンスは、外壁カバー工法を長く快適に利用するために欠かせません。

外壁カバー工法は、マイホームを守るために重要な投資です。

時間をかけて慎重に検討し、後悔のないリフォームを成功させてください。

お問合せ・お見積りはこちらから