▲ 
COLUMN

 コラム

2024.06.12

コンクリート塗装の種類:用途や目的に合わせて最適な塗料を選ぶ!

  • 長年風雨にさらされたコンクリート
  • ひび割れや色褪せが目立ってきた

こんなお悩みありませんか?

コンクリートを蘇らせるには、塗装がおすすめです。

しかし、一口に「コンクリート塗装」と言っても、種類は様々です。

今回の記事では、コンクリート塗装の種類をわかりやすく解説します。

それぞれのメリット・デメリットを比較します。

さらに、用途や目的に合った最適な塗料を選ぶためのヒントも満載です。

DIYでチャレンジしたい方のための手順も紹介しています。

ぜひ参考にしてください。

コンクリート塗装の種類:大きく分けて3種類

コンクリート塗装の種類は、大きく分けて3種類あります。

  • ウレタン系塗料
  • エポキシ系塗料
  • アクリル系塗料

それぞれの特徴とメリット・デメリットを詳しく解説します。

ウレタン系塗料

ウレタン系塗料は、耐久性と耐候性に優れているのが特徴です。

メリット

  • 長持ちする: 他の塗料に比べて、長持ちします。
  • 耐摩耗性が高い: 摩擦に強く、傷や汚れに強い。
  • ツヤのある仕上がり: ツヤのある美しい仕上がりになります。

デメリット

  • 臭いが強い: 溶剤が含まれているため、臭いが強い場合があります。
  • 硬化時間が長い: 他の塗料に比べて、硬化時間が長い。
  • ひび割れしやすい: 柔軟性に欠けるため、ひび割れしやすい。

【完全ガイド】ウレタン塗装とは?メリット・デメリット、種類、選び方、塗装方法まで徹底解説

エポキシ系塗料

エポキシ系塗料は、接着性と耐薬品性に優れているのが特徴です。

メリット

  • 接着性に優れている: コンクリートにしっかりと接着するため、剥がれにくい。
  • 耐薬品性に優れている: 酸やアルカリなどの薬品に強い。
  • 滑りにくい: 滑りにくい仕上がりになるため、床などに最適。

デメリット

  • 臭いが強い: 溶剤が含まれているため、臭いが強い場合があります。
  • 黄ばみやすい: 紫外線に弱く、黄ばみやすい。
  • 硬化時間が長い: 他の塗料に比べて、硬化時間が長い。

アクリル系塗料

アクリル系塗料は、安価で扱いやすいのが特徴です。

メリット

  • 安価: 他の塗料に比べて、安価です。
  • 臭いが少ない:水性のため、臭いが少ないです。
  • 速乾性がある: 他の塗料に比べて、乾燥時間が早い。

デメリット

  • 耐久性が低い: 他の塗料に比べて、耐久性が低いです。
  • 耐候性が低い: 紫外線に弱く、色あせしやすい。
  • 汚染しやすい: 汚れが付きやすく、掃除が大変。

 

用途別のおすすめ塗装

用途に合った塗装を選ぶことが重要です。

床には、耐摩耗性と滑りにくさが求められます。

そのため、ウレタン系塗料やエポキシ系塗料がおすすめです。

特に、ウレタン系塗料は、耐久性と耐候性にも優れています。

駐車場などの重荷がかかる場所にも適しています。

壁には、美観と耐候性が求められます。

そのため、ウレタン系塗料やアクリル系塗料がおすすめです。

特に、ウレタン系塗料は、ツヤのある美しい仕上がりになり、高級感があります。

アクリル系塗料は、安価で扱いやすいため、DIYにもおすすめです。

その他

  • プール:耐水性と塩素消毒液への耐性がある特殊な塗料が必要です。
  • 水タンク:飲用の場合は食品衛生法に適合した塗料が必要です。
  • 屋上:熱反射塗料を使うことで、夏場の室温上昇を抑えることができます。

 

DIYでチャレンジ!コンクリート塗装の手順

コンクリート塗装は、DIYでチャレンジすることも可能です。

ただし、下地処理や塗装方法を誤ると、仕上がりが悪くなったり、塗料が剥がれたりする可能性があります。

自信がない場合は、専門業者に依頼することをおすすめします。

DIYでチャレンジする場合は、以下の手順を参考に進めてください。

下地処理

  • コンクリート表面の汚れやカビを高圧洗浄で洗い流します。
  • ひび割れや欠けがある場合は、補修材で補修します。
  • 表面を研磨して、塗料の密着性を高めます。

プライマーの塗布

プライマーを塗布することで、塗料の密着性を高めます。

上塗り塗料の塗布

2回塗り重ねて、均一に塗ります。

仕上げ

完全に乾燥したら、仕上げとなります。

コンクリート塗装は、種類や用途によって適切な塗料が異なります。

このコンテンツを参考に、最適な塗料を選んで、コンクリートを美しく蘇らせましょう。

DIYでチャレンジする場合は、塗料の説明書をよく読んで、使用方法を守りましょう。

また、無理せず専門業者に依頼することをおすすめします。

大阪近隣で専門業者をお探しでしたら、弊社にお気軽にご相談ください。

弊社では、一戸建てから店舗、ビル、賃貸アパート、マンション、商業施設など規模を問わず対応しております。

お問合せ・お見積りはこちらから