▲ 
COLUMN

 コラム

2024.06.11

ヒートアイランド現象とは?原因と影響、対策をわかりやすく解説します

近年、夏場の暑さが厳しくなりましたね。

熱中症のリスクも高まっていると感じませんか?

実は、都市部では、周辺地域よりも高温化する「ヒートアイランド現象」と呼ばれる現象が問題になっています。

この記事では、

  • ヒートアイランド現象とは何か
  • その原因と影響

そして効果的な対策方法についてわかりやすく解説します。

ヒートアイランド現象とは

ヒートアイランド現象とは、都市部が周辺地域よりも高温化する現象です。

これは、

  • 都市化に伴う人工的な地表面被覆の変化
  • エネルギー消費量の増加

などが原因で起こります。

主な原因

  • 人工的な地表面被覆の変化:
    • アスファルトやコンクリートなどの人工的な地表面被覆は、太陽熱を吸収しやすく、放熱しにくい性質を持っています。
    • 緑地の減少: 緑地は、太陽熱を吸収し、気化熱によって周囲を涼しくする効果があります。しかし、都市化に伴い、緑地が減少することで、ヒートアイランド現象が助長されます。
  • エネルギー消費量の増加:
    • 都市部では、冷暖房や自動車などのエネルギー消費量が多いため、熱が発生しやすくなります。

 

ヒートアイランド現象の影響

ヒートアイランド現象は、様々な悪影響をもたらします。

熱中症のリスク上昇

高温は、熱中症のリスクを大幅に高めます。

特に、高齢者や幼児は、体温調節機能が弱いです。

そのため、熱中症になりやすくなります。

電力消費量の増加

高温になると、冷房の使用が増えます。

電力消費量が増加します。

大気汚染の悪化

高温になると、光化学スモッグが発生しやすくなります。

光化学スモッグは、呼吸器系や眼の疾患を引き起こす可能性があります。

生活環境の悪化

高温は、睡眠不足や集中力の低下など、様々な生活環境の悪化を引き起こします。

 

ヒートアイランド現象の対策

ヒートアイランド現象を対策するには、様々な取り組みが必要です。

緑地の増加

緑地を増やすことで、太陽熱を吸収します。

気化熱によって周囲を涼しくすることができます。

省エネ

冷暖房の使用量を減らすなど、省エネを意識することで、熱の発生を抑えることができます。

遮熱対策

建物や道路に遮熱材を使用することで、太陽熱の吸収を抑制することができます。

遮熱塗装の記事に内部リンクを貼ります。

水路の整備

水路を整備することで、風の通り道を作ることができます。

市民への啓発

ヒートアイランド現象について市民に理解してもらうことも大切です。

節水や省エネなどの協力を促すことが重要です。

 

ヒートアイランド現象と地球温暖化

ヒートアイランド現象と地球温暖化は、密接に関係しています。

地球温暖化によって気温が上昇すると、ヒートアイランド現象もさらに悪化することが懸念されています。

 

私たち一人ひとりができること

ヒートアイランド現象を対策するには、行政や企業だけでなく、私たち一人ひとりの取り組みも重要です。

節水

シャワー時間を短くするなど、節水をすることで、熱の発生を抑えることができます。

省エネ

冷暖房の使用量を減らすなど、省エネを意識することで、熱の発生を抑えることができます。

公共交通機関の利用

自動車ではなく、公共交通機関を利用することで、CO2排出量を減らすことができます。

緑化

ベランダや庭に緑を植えることで、周囲を涼しくすることができます。

ヒートアイランド現象は、様々な悪影響をもたらす深刻な問題です。

しかし、行政や企業、そして私たち一人ひとりが協力することで、対策することができます。

弊社では、ビルや建築物の遮熱塗装にも対応しております。

お気軽にご相談ください。

お問合せ・お見積りはこちらから