▲ 
COLUMN

 コラム

2024.05.30

外壁の汚れ、自分で簡単に落とせる?方法と注意点まとめ

    • 雨だれ
    • カビ
    • コケ
    • 排気ガスの汚れ

外壁は様々な汚れに悩まされます。

放置すると見た目が悪くなるだけでなく、建物の劣化にも繋がります。

そのため、早めに対処することが重要です。

しかし、高圧洗浄機を使うのはちょっと不安…。

そんな方でも安心!

自分で簡単にできる外壁の汚れ落とし方法を、汚れの種類別に詳しく解説します。

外壁の汚れの種類と原因

外壁の汚れは、大きく以下の4種類に分類されます。

    • 雨だれ
    • カビ
    • コケ
    • 排気ガス

雨だれ

雨水が壁を伝って流れ落ちる際に、砂埃や泥などが付着してできる汚れです。

放置すると、黒ずみとなって見た目を悪くします。

カビ

湿度の高い場所に発生する汚れです。

    • 北側の日当たりの悪い壁
    • 浴室の換気扇周辺

などに発生しやすいです。

コケ

日陰で湿度の高い場所に発生する汚れです。

    • 北側の日当たりの悪い壁
    • 庭木の下

などに発生しやすいです。

排気ガス

車や工場から排出される煤煙などが付着してできる汚れです。

交通量の多い道路沿いなどに発生しやすいです。

その他

    • 鳥のフン
    • 塩害
    • 黄砂
    • 花粉

これらの汚れは、放置すると外壁を傷つけます。

建物の劣化に繋がる可能性があります。

定期的に清掃を行いましょう。

汚れを早めに対処することが大切です。  

汚れ別!自分でできる簡単な落とし方

雨だれの落とし方

    • 水で洗い流す
    • 軽い汚れには、中性洗剤を薄めたものをスポンジでこする

カビの対処法

    • カビ取り剤をスプレーして洗い流す
    • 軽い汚れには、中性洗剤を薄めたものをスポンジでこする

コケの対処法

    • コケ取り剤をスプレーして洗い流す
    • 軽い汚れには、ブラシでこする

排気ガスの対処法

    • 中性洗剤を薄めたものをスポンジでこする
    • 軽い汚れには、水で洗い流す

 

外壁の汚れを落とす際の注意点

    • 高圧洗浄機は、外壁を傷つける可能性があるため、使用には注意が必要。
    • 洗剤を使用する場合は、必ず中性洗剤を使用しましょう。
    • 汚れがひどい場合は、無理せず専門業者に依頼しましょう。

外壁の汚れは、自分で簡単に落とせるものもあります。

汚れの種類に合った方法で、定期的に掃除をすることが大切です。

高圧洗浄機を使うのは不安…という方は、上記の簡単な方法を試してみてください。

外壁の汚れは、放置すると建物の劣化にも繋がるため、早めに対処しましょう。  

外壁の汚れを予防する方法

外壁の汚れを予防するには、以下の対策が有効です。

    • 外壁塗装を定期的に行う
    • 外壁に水が当たらないようにする
    • 風通しが良く、日当たりの良い場所に家を建てる
    • 排気ガスの多い場所を避ける

外壁の汚れは、種類によって原因と対処方法が異なります。

上記を参考に、汚れの種類を正しく判断し、適切な方法で対処しましょう。

汚れがひどい場合は、無理せず専門業者に依頼することをおすすめします。

弊社では、足場の設置が困難な物件でも対応しております。

お気軽にご相談ください。

お問合せ・お見積りはこちらから