▲ 
COLUMN

 コラム

2024.05.30

【高所作業の革命児】ロープアクセスとは?仕組み・メリット・デメリットを徹底解説!

高層ビルや橋梁などの高所作業で、近年注目を集めているのが「ロープアクセス」です。

足場を組まずにロープを使って作業する技術です。

安全性と効率性の高さから、様々な分野で導入が進んでいます。

今回の記事では、

  • ロープアクセスの仕組み
  • メリット・デメリット
  • 足場なし塗装との関係

などをわかりやすく解説します。

高所作業の新たな可能性を探る、ロープアクセスの世界へようこそ!

ロープアクセスとは?

ロープアクセスとは、ロープと安全帯などの装備を用いて、足場を組まずに高所作業を行う技術です。

登山や洞窟探検の技術を応用しています。

ヨーロッパを中心に発展しました。

日本では2016年に労働安全衛生規則に「ロープ高所作業」として定められました。

近年注目を集めています。

 

ロープアクセスの仕組み

ロープアクセスは、主に以下の2本のロープを使って行います。

  • メインロープ: 作業員を支える主ロープ
  • バックアップロープ: メインロープに万が一のことがあった場合に備える予備ロープ

作業員は安全帯を装着し、ロープに吊り下げられた状態で作業を行います。

移動や体の固定は、ロープワークと呼ばれる技術を用いて行います。

 

ロープアクセスのメリット

ロープアクセスは、足場を組まずに高所作業を行う技術です。

従来の足場を使った高所作業と比較して、以下のメリットがあります。

時間とコストの削減

足場設置が不要なため、作業時間を大幅に短縮できます。

また、

  • 足場材料のレンタル費用
  • 人件費

もう不要になります。

コスト削減にもつながります。

高い安全性

2本のロープで作業員を支えるため、万が一ロープが切断しても安全です。

また、作業員は安全帯を着用し、常に安全に配慮した作業を行います。

様々な場所に対応

足場を組むのが難しい場所や、複雑な形状の構造物にも対応できます。

高層ビルや橋梁、風力発電設備など、様々な場所で活用されています。

作業効率の向上

移動や体の固定がスムーズに行えるため、作業に集中できます。

また、足場の設置解体作業がない分、作業時間を有効活用できます。

環境への影響が少ない

足場を設置しません。

そのため、周囲の環境に影響を与えません。

都市部や景観を重視する場所でも、安心して作業を行うことができます。

その他のメリット

  • 点検・調査に最適
  • 非破壊検査にも対応
  • 緊急時の対応にも有効
  • 夜間作業も可能

ロープアクセスは、時間・コスト・安全性の全てにおいて優れた高所作業技術です。

さまざまな場所で活用されています。

今後もますます需要が高まっていくでしょう。

高所作業の安全性と効率性を向上させたい場合は、ぜひロープアクセスの導入を検討してみてください。

 

ロープアクセスのデメリット

ロープアクセスには、以下のデメリットがあります。

  • 高度な技術と経験が必要
    • 資格取得や訓練が必要
    • 熟練した作業員が必須
  • 天候に左右される
    • 強風や悪天候時は作業できない
  • 作業範囲が限定される
    • 重量物の搬入などには不向き

 

足場なし塗装とロープアクセス

足場なし塗装とは、足場を組まずに高所建物の塗装を行う方法です。

主にロープアクセスと呼ばれる技術を用いて行います。

足場なし塗装とロープアクセスのメリット

  • 時間とコストの削減

足場設置が不要なため、作業時間を大幅に短縮できます。

また、足場材料のレンタル費用や人件費も不要になります。

コスト削減にもつながります。

  • 高い安全性

ロープアクセスは、2本のロープで作業員を支えるため、万が一ロープが切断しても安全です。

また、作業員は安全帯を着用します。

よって、常に安全に配慮した作業を行います。

  • 様々な場所に対応
  • 足場を組むのが難しい場所
  • 複雑な形状の構造物

にも対応できます。

具体的には、

  • 高層ビルや橋梁
  • 風力発電設備

など、様々な場所で活用されています。

  • 環境への影響が少ない

足場を設置しないため、周囲の環境に影響を与えません。

都市部や景観を重視する場所でも、安心して作業を行うことができます。

足場なし塗装とロープアクセスのデメリット

  • 高度な技術と経験が必要

ロープアクセスは、高度な技術と経験が必要な作業です。

作業員は、国家資格である

  • 「作業環境測定士」
  • 「高所作業特別教育」

などの資格を取得する必要があります。

  • 天候に左右される

強風や悪天候時は、安全上の理由から作業が中止になる場合があります。

  • 作業範囲が限定される

重量物の搬入などには不向きです。

足場なし塗装とロープアクセスは、時間・コスト・安全性の全てにおいて優れた高所塗装技術です。

さまざまな場所で活用されています。

今後もますます需要が高まっていくでしょう。

高所建物の塗装を検討する場合は、ぜひ足場なし塗装とロープアクセスを候補に入れてみてください。

ロープアクセス技術の将来

ロープアクセス技術は、今後も様々な分野で活用が期待されています。

  • 高所作業の安全性向上
  • 作業効率の改善
  • コスト削減
  • 環境負荷軽減

ロープアクセス技術は、高所作業の新たな可能性を拓く技術と言えるでしょう。

お問合せ・お見積りはこちらから